ひま猫ドライブ

ネコ好きのミニマリスト☆自由気ままにパトロールしながら放浪中!

ひま猫ドライブ イメージ画像

更新情報

第5話では夏も本番になり、民宿ダイヤモンドヘッドも忙しくなってくる。渚2号もオープンし、ビーチも賑やかさを増してきた!ここで海都と広海が作っていた焼きそばは、喫茶ダイヤモンドヘッドのメニューにある。やっぱり夏の海の家といえば、焼きそばが定番だろう。そんな
『ビーチボーイズの旅⑤ ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

第4話に出てくるロケのポイントとして、どうしても見てみたい景色があった。広海のポケットからメモを見つけて、母親に会わされようとしていた事を知った真琴。落ち込む真琴が一人で裏山に登り、丘の上から海岸を見下ろしていたポイントだ!画面のアングルから大まかに予想
『ビーチボーイズの旅④ ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

真琴は引き続き民宿で暮らす事になったが、それと引き換えに海都は東京へ・・・せっかく自分が残れる事になったのに、代わりに帰ってしまった事に残念そうな真琴。社長:『俺達にとっちゃあな、ここは暮らすとこだけど。お客はな、ここへ来て、休んで、それで帰っていくんだ
『ビーチボーイズの旅③ ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

結局ダイヤモンドヘッドに戻って来た広海と海都だったが。それでも社長が民宿を閉めるというのは変わらない・・お客を増やして盛り上げようと、勝手に営業活動を始める広海。一方の海都は『客だから!』と言いつつも、この場所にどんどん惹かれていく。そんな中で民宿に飾っ
『ビーチボーイズの旅② ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

ビーチボーイズ第一話のオープニングは、南の島の風景からスタートする。現地の子供達がボトルメールを作り、海へ流すところから物語は始まるのだ。そしてまず登場するのは、二枚看板の一人となる桜井 広海(反町隆史)ヒモとして転がり込んでいた女の部屋を追い出され、行く
『ビーチボーイズの旅① ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

今から20年前となる1997年の7月、月9ドラマとしては新しいジャンルの放送が始まった。その作品が『ビーチボーイズ』(Beach Boys)だ!それまでの月9といえば、人気俳優達が演じる“ラブストーリー”が定番となっていたが。この作品では“男同士の友情”にスポット
『ビーチボーイズの旅⓪ ~20年後の潮音海岸を訪ねて~』の画像

牧場を散歩して牛達と戯れて、美味しいランチでお腹も満たした・・帰る前の最後のお楽しみとしては、やっぱりお土産タイム!レストランに併設された売店では、ここのオリジナル商品も購入する事ができる。小さな店内に入ったら、またまた美味しそうな物がズラリと並んでいる
『弓削牧場 ④ 搾りたての牛乳で変わったグラノーラの味!』の画像

弓削牧場にやってきた目的の一つが、チーズハウスで味わえるランチ。店名となっている“ヤルゴイ”とは、モンゴルに咲く花の名前だそうだ。冬が過ぎ去った春に、衰えていた家畜が食べて元気になるという牧草の花らしい。木で作られたロッジ風の店内に入ると、居心地がとても
『弓削牧場 ③ ホエーシチューのランチを初体験!』の画像

自由に放し飼いされている牛たちを見たくて、牛舎へとやってきた!弓削牧場で育てられている牛たちは、ストレスフリーなのが特徴。できるかぎり自然な状態で、健康的な飼い方を大切にしているのだとか。見に行った時はちょうどご飯中だった様で、ひたすら牧草をムシャムシャ
『弓削牧場 ② 牛たちの姿に思うストレスフリーな生き方』の画像

今回の手ぶら旅は、ある牧場に行った時の事を書いてみたいと思う。神戸にある牧場と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、有名な“六甲山牧場”だが・・その北側にある閑静な住宅地を抜けた先に、小さな牧場がひっそりと存在しているらしい。私と同じくマイナースポット好きな方か
『弓削牧場 ① 神戸の裏六甲に広がる牧場物語を体感!』の画像

高槻市の手ぶら散策、最後はグルメで締めておく事にしよう。ご当地のB級グルメを求めて、今回どうしても食べたかったのがコレ↓高槻うどんギョーザ?うどんギョーザって一体何や?と思い調べてみると・・具材を餃子の皮で包む代わりに、細かく刻んだうどんを混ぜ合わせるとい
『うどん餃子? 高槻市にある謎のご当地グルメを調査!』の画像

変な謎の施設ハニワ公園を無事に抜け出し、JR高槻駅へとやってきた。駅前は日曜日という事もあり、とても賑やかだ!歩道に設置された暑さ対策のミストシャワーが、行き交う人々を潤わしている。そんな高槻市駅前で一際大きく目を引く建物が、この松坂屋だ。この日は初夏の陽
『屋上遊園地を見て思い出した子供の頃の記憶・・』の画像

今回は北摂のベッドタウンとして発展している、高槻市のB級散歩をしてきた。政令指定都市のある大阪市と京都市との、ちょうど中間に位置している場所だ。長く京都に住んできたので、ここまで来ると懐かしい感じも少し漂ってくる。そんな高槻市で、何か面白そうなスポットがな
『ハニワ 工場公園 大阪高槻市にある謎のスポットに潜入・・』の画像

神戸の中華街には昔から何度も行ってるし、食べ歩きするには楽しめる場所。ふかひれラーメンや老祥記の豚まんは、いつも欠かさない定番メニューだが。まだまだ見逃してるモノがあった!期間限定で出ている珍しい商品だが、やってきた中華街で目にしたのは・・クールでホット
『アイスコロッケ 期間限定!神戸中華街の新食感スイーツ』の画像

今までは京阪神を中心に飛び回ってきたミニ旅でしたが・・関西・日本国内を一気に飛び越え、いいいよ世界へと進出する事に?!可愛い愛車STRIDAの生まれ故郷でもある、イギリスまでついにやって来ました。あれだけ海外には興味ないと言ってたくせに、何なんだこの変わり様は
『ドゥリムトン村 ついにSTRIDAの生まれ故郷イギリスへ!』の画像

大阪の豊中をポタリングした一日の締め括りとしてやってきたのはココ!何?この土手??って感じだけど、知ってる人にはもう有名な場所となっている。ここへはまだ学生時代、車の免許を取り立ての頃に何度か来た思い出がある。ストライダを買って久々に自転車に乗ってみたら
『大阪空港 千里川の土手で見たあの頃と変わらない景色・・』の画像

豊中スイーツに翻弄されながらも、駅前の方まで戻って来た。夕食は何にしようかなぁと考えていたところ、面白そうなお店を発見する。空飛ぶうどん?!やまぶき家気になったので早速確かめに行ってみる事にした。お店に到着すると白い建物に空飛ぶうどんというのれんがかかっ
『空飛ぶうどん?!やまぶき家 豊中の美味しいうどん屋さん』の画像

服部緑地という広~い公園をポタリングして、カロリーも消費。まぜそばとチャーハンも、いつの間にやらどこへやら??という事で豊中グルメの後は、豊中スイーツを探しに行く事にした。リサーチすると岡町駅近くの桜塚商店街に、森のおはぎという気になるお店を発見!楽しみ
『まちかねプリンを求めて津の国屋ボンクリスへ!』の画像

辛いものが苦手なくせに、無謀にもまぜそばにチャレンジした後は・・お腹もいっぱいになったので、それを消化する為に再び走り出した。どこか自然に囲まれて気持ちよく走れる場所はないか?と探していたら。近くに服部緑地という大きな公園を見つけた。面積は約126.3ヘクター
『服部緑地をポタリング中に日本民家集落博物館を発見!』の画像

服部天神駅から今度は北に向かって北上し、次は豊中駅へとやって来た。豊中という地名を知ってはいるものの、実際に訪れたのは今回が初めてとなる。今はどこも高架駅の造りになってきたが、豊中駅も想像してたよりずっと綺麗だった。お昼時に合わせてここへとやってきた目的
『麺やマルショウ 台湾まぜそば店のチャーハンにハマる(笑)』の画像

↑このページのトップヘ