大室山の絶景を満喫した後は再びベンツに乗り込み、東伊豆へと向かって走り出す。

しばらく走ると、ブリティッシュグリーンマイカの可愛いコペンの後ろについた。
LEDを放射状に配したリヤコンビランプが、万華鏡のように美しく煌めいている。

昨年の秋に岡山でコペン旅をした時の事を思い出し、ちょっと懐かしく感じた。
でもあの時した旅の影響で、自分のカーライフが大きく変わるきっかけにもなったのだ。
IMG_0449
少し進むと何やら怪しい廃墟の様な建物を発見した。
看板には“ねこの博物館”と書かれている。

調べてみると世界で唯一となる、ねこの総合博物館という事だった。
世界でここだけにしては見た目が寂れ過ぎで、にわかに信用できない感じではあるが・・・
IMG_0439
館内には展示物に加えて約20種40匹の猫達が暮らしており、触れ合う事もできるらしい。
この時は時間が遅くてもう閉館した後みたいだったが、営業はちゃんとしているようだった。
ねこ好きの私としては、是非一度入ってみたい気になるスポットではある。

それにしても静岡には、唯一!とかここだけ!的なものが多い様な気がする。
富士山を筆頭にして、特別感を感じたい県民性の表れなのだろうか?
IMG_0442
またしばらく走ると、今度は正体不明のデッカイ人形が現れた!
車を停めてすかさずシャッターを押すが、まぁベンツとは似合わないアンバランスな光景だ(笑)
IMG_0448
近づいて見てみると、ペンギンの様な人形が2体立っている・・・
一匹の子ペンギンはまだしも、大きい方は顔だけが何かおかしい??

そして看板には“怪しい少年少女博物館”と記入されている。
名前を見ても一体何の博物館か全く理解できない、怪し過ぎるスポットだ・・・
IMG_0445
ここも一瞬廃墟かと思ったが、やっぱりちゃんと営業しているみたいだ。
正面の入口付近にも、不気味なオブジェがいくつか並べられているのが見える。
はっきり言って、めちゃくちゃ気持ち悪い空気が漂っていた・・・

こういう場所を見ると思い出す話がある。
霊に取り憑かれた時は、リサイクルショップの様な場所に行けば離れてくれるというものだ。

中古品などには人の念もこもりやすく、あまりいい波動を私自身は感じない・・・
だから中古車や古着・フリーマーケットなど、そういった物を買って帰る事だけは絶対にしない。

なのでこういう場所には、そんな良くない“気”みたいなものが流れている事も多いと感じる。
IMG_0446
しかし元々はこういう怪しいスポットも大好きな方だったので、ちょっと気になる事も確かだが。
この時に関しては、あまり興味を示す事ができなかったのだ・・・
もし開館していたとしても、この旅の中では立ち寄る事はしなかったと思う。

何故かはわからないが、今の自分にとっては何となく良くない感じを受けたからだった。
この旅では素晴らしい絶景やパワースポットを目的としていたので、気分的にも全く合わない。

何か余計なものを背負って帰りそうな、悪い予感が漂っていたのだ・・・
IMG_0447
車旅という事で変な事故等に巻き込まれるのもゴメンだし、今回はスルーしてきた。
言葉では説明しにくいが私自身のこういう感覚、意外と重要だったりするのでバカにはできない・・・

それにしても静岡には、怪しい珍スポットやB級スポットがたくさんあるもんだ!
この他にも“まぼろし博覧会”という変な施設もあるが、ここで紹介したのと同じ系列のようだった。

今回は自分の勘を信じてパスしたが、もし機会があればそのうち覗いてみようかとも思う。

YouTube動画はこちら