土肥金山でお土産も購入し、今回の静岡旅もだんだんと残り少なくなってきた。
これまでの旅に比べるとお土産もちょっと少なめだが、帰りの事を考えるとあまり増やせない・・・

マイカーの時は量的な事は何も考えず、積めるだけ積み込んで帰ったがそうもいかない。
相棒のベンツを返却した後に、体一つとキャリーケースで帰らなければいけないからだ。

しかしそのおかげで慎重に選ぶ事にもなるし、その結果として衝動買いが減るのもいい事だ。
IMG_0880
お土産を買い込んで車に乗り込もうとした時に、真横から見たSLKがとても格好良く見えた。
そこでこの写真を一枚パシャリ!と撮ってみる。

思えばミニマリストを意識して、自分で車を所有する事にも疑問を持ったのがきっかけだった。
新車なら安くても100万、そこそこの車でも200~300万は払って最初は購入する。
なのに自分のライフスタイルでは乗っても月に2・3回程度、それ以外は車庫で眠らせていた。

そんな状況でたまにしか乗らない車を所有し続けるのに、本当に意味があるのか?
しかしそうは思っても、たまにハンドルを握る事も私にとってはとても大切な時間・・・
ミニマリストとしてなるべく物を所有したくはないといっても、最後まで悩んだのが車だった。
IMG_0817
そこで発想を根本から変える事にしてみた。
手放す事をマイナスとして捉えるより、身軽になる事で逆にカーライフを更に充実させる方法だ!

先ほども書いたように初期費用で何百万も投資して、維持費用も毎月数万円を払い続けるのなら・・
自分が好きな時だけ好きな車を自由に楽しむ方が、よっぽどカーライフが充実するんじゃないか?

最終的にはそんな考えに至ったので、自分の車は所有せずにこのスタイルでいく事にした。
今はレンタカーやカーシェアリング等が充実しているので、もはやこっちの方が自然だと思えたのだ。
IMG_0819
特に勿体ないと思うのが、金銭的に余裕がない状態でローンを組んでまで車を購入する事だ。
これは家でもなんでもそうだと思うのだが、一括で買えない物なら買わないのが一番いい。

私も昔は自分の欲求や見栄を張る為に、無理していろんな物を購入していた時もあった。
しかしミニマリストを意識してお金の事もしっかりと考えるようになった今は、その価値観も大きく変わった。

無理して抱え続ける事よりも、手放して自由になれる事の方が自分の中での価値が大きいのだ。
背負わない事で可能性が広がるのだと捉えられれば、手放す事は決してマイナスではない。
IMG_0826
今回はマイカーを手放した後に初めて借りたのが、このベンツSLKだった。
その結果として好きな車で旅をして、今までに経験できなかった車旅が実現した。

全く新しい世界の中で感じた全く新しい価値観のおかげで、心が動く最高の旅ができたのだ!

今回のベンツSLKは、静岡県の三島駅にあるおもしろレンタカーというところでお借りした。
この系列店ではスポーツカーやオープンカー等、見ているだけでも楽しい車種を多く取り揃えている。

車を返却する際に担当のライターさんから取材を受け、店のFacebookに掲載していただいた。
担当の方も旅好きだという事で話も盛り上がり、ドライブの後もとても楽しい時間を過ごせた。

その時に私が思う旅や車について語った事を、とてもわかりやすく掲載してもらえたので紹介する。
IMG_0827

ひみつ基地のような空間と 自然が織りなす音がすき。
2シーター×オープンは、自分にとってのベストなんです!

「旅行とは違う ”旅”がしたい。」
そう話すのは、神戸から新幹線でご来店なさったお客さま。
テーマのみを決め、 全国各地へ足を運んでいるといいます。

現在のテーマは パワースポット。
人それぞれにあるという「相性の良いパワースポット」を調べ、巡られているそうです。
今回は神奈川県最乗寺と伊豆半島へ。

「ずーっと走っていました。ほぼ、開けっ放しで(笑)」
「四肢や五感でその地を感じ、心が動く。その瞬間に、旅の醍醐味を感じています。だからオープンカーは、まさに”旅向き”なんですよね。最高でしたよ。」

早朝5時の空気感 鳥のさえずり 川のせせらぎ
自然の美しさを全身で感じる、充実の旅を送られたようでした。

「これからも、旅はずっと続けたい。できれば…いつもオープンカーで!」

心喜ぶおでかけを、これからも応援しつづけたいと、意気込みを感じた午後でした。
またのお越しを、心よりお待ちしております。

おもしろレンタカー三島店フェイスブックより引用
IMG_0872
実際にはこんな格好良く語れていないが、とても素敵に書いて頂いたライターさんには感謝だ!

人それぞれ価値観は違うので、私がやっている事に誰もが共感してもらいたいとは全く思わないけど。
しかしこのブログやライターさんの記事を見た誰かが、自分の旅をするきっかけになったとすれば・・・
それはとても喜ばしい事であって、文章として発信した者にとってこんなに嬉しい事はない!

ただそんな中でもやはり一番大切にしたいのは、自分自身が一番やりたい旅をする事だ。
他人の目を気にしたり世間を意識しながらする旅(人生)なんて、私自身にとっては何の価値もない。

人それぞれが置かれた環境の中で、自分自身にしか出来ない旅を個々が目指していけばいい。
だから私は私の価値観に正直になって、自分にしかできない旅をこれからもしていくつもりだ。
IMG_0836
相棒として24時間を共にしたベンツに別れを告げ、私は三島市を後にした。

次に向かったのは、この静岡旅の最終地となる熱海。
春に旅立った今回の一人旅も、残された時間はあとわずかとなった・・・


YouTube動画はこちら