岩手県には2,000mを超える、県内最大の岩手山という大きな山がある。
盛岡に住んでいる知人も、街のどこからでも見えると言っていた。
登山はさすがにしなかったが、弘前市から盛岡に向かっている道中で見る事ができた。
IMG_3599
想像していた通り大きな山で、二つの外輪山がある特徴的な形をしていた。
そんな岩手山を眺めながら、東北自動車道を南へと進んでいく。
そして一目見ておきたかったスポットに行く為に、松尾八幡平という場所で高速を降りた。
2017-07-03_112223
岩手山に近いその場所は、温泉やスキー場等もあるみたいだったが。
オフシーズンであまり人の姿を見かける事もなく、静かな町にはこんな看板まで・・
地元の人の話では、この数日前にも実際に熊が出没していたという事だ。
IMG_3616
そんな大自然の中に佇んでいるのが、松尾鉱山の廃墟群である。
東北の軍艦島とも言われているこの場所は、旧松尾鉱山緑が丘団地という場所だった。
廃墟マニアにも結構人気があるらしく、建物内を散策する動画や写真もネット上には見られる。
この時は時間もあまり無かったので内部の探索はせず、外から眺めるだけにしておいた。
IMG_3610
長崎の軍艦島もそうだが、これらのものが閉山した時期はちょうど私が生まれた頃だ。
そんな時代にそこで実際にあった生活を想像する事は、私にはかなり興味深いこと。
その場所に残る残留思念を感じる事で、当時の様子に触れられるのはとても惹かれる。

自分が今住んでいる場所も、数十年後にはこんな姿になっているのかもしれない・・
そして全国から廃墟マニアがやってきて、自分が生活していた部屋を探索するのかも?
そんな事を考えている時間も、結構楽しかったりする。
こういう景色を自分の目で実際に見られるというのは、とても貴重な時間だ。
IMG_3612
松尾鉱山を後にして盛岡に向かう途中、滝沢市の名物になっているものを発見!
スイカに塗装された盛岡ガス滝沢工場ガスタンクだ。
東北自動車道沿いにあるので、以前車で日本一周していた時にも見た記憶がある。

今回は一般道からその姿を見る事ができたが、とてもリアルで美味しそうだ(笑)
滝沢市はスイカの産地なので、この滝沢スイカをアピールする為のものらしい。
これを眺めていると、本当にスイカが食べたくて仕方なくなってくる・・
2017-07-03_112341
美味しそうなスイカ柄のガスタンクを楽しんだあとは、綺麗な夕陽にも遭遇した。
窓越しに沈んでいく夕陽を眺めながら、車は盛岡へと向かって進んでいく。

そういえば岩手県の面積はかなり広く、その大きさは北海道に次いで2番目らしい。
実際に電車と車を乗り継いで、弘前から仙台へと抜けるのはかなりの距離だった。
ただの移動なら苦痛かもしれないが、面白スポットを巡りながらの楽しいドライブとなった。
IMG_3663
そんな広い岩手県には、こんなSLが走っている区間もあった。
このSL銀河は3年前から、花巻駅と釜石駅を結ぶ釜石線で運行されているようだ。

ファンタジーな車内は、宮崎賢治の世界を存分に堪能できる空間に仕上がっている。
私の旅を充実させる為に乗り物は欠かせない存在で、特に車や電車は大好きな空間だ!
観光列車の旅も結構好きなので、このSL銀河にもかなり惹かれてしまった・・
IMG_3551
一般的には広いだけで山ばっかりだと言われるけれど、岩手県もなかなか面白いぞ!
B級スポット好きの私にとって、まだまだ楽しめそうな場所はたくさんありそうだ。

YouTube動画はこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら