猫島の元祖、田代島訪問記の後編です!
この島にはロッジ等の宿泊施設もあるので、その気になれば泊まる事もできるようだ。
(※ただし泊まれる季節は決まっているとのこと)

ロッジの形が猫になっているのも可愛い・・
IMG_3931
そのロッジがあるのは、島の南東部にあるマンガアイランドという場所。
この他にも民宿っぽい施設が3件ほどあるので、滞在しながらの猫三昧も可能。
猫好きにとってはまさに楽園の島だ!
IMG_3926
ここまで見てきた島の案内標識や看板などは、やはり猫型のものが多かったが。
ロッジもお風呂もおとこ湯おんな湯共に、こんな可愛い案内板となっていた。
IMG_3937
この施設の2階には、猫のイラストレーターや漫画家の作品も展示されている。
いろんな種類が数多く飾られているので、見ていると結構楽しめる。
IMG_3943
金運招き猫!ハクション大魔王ではありません・・
IMG_3945
壁に使われている木目を利用して、こんな落書きも(笑)
誰だ?こんなもの書いたヤツは!この模様が目に見えて仕方なかったんだろうな・・
IMG_3946
田代島一周 猫すごろく!

“熱いネコスープのごちそう・・。猫舌で一回休み”
“魚を猫ババされた・・”


なかなか面白い(笑)猫好きと一緒に泊まって、夜にやったら楽しそう!
IMG_3940
ここで印象深かった事が・・ この島で唯一の食料品店だったというこのお店。
高齢のお婆さんがされていた阿部ツ商店という場所があったのだが。
IMG_3846
偶然にも私が訪れた日の前日に、長い間続いた営業に幕を降ろされたとの事だった。
私が行った日がちょうど廃業した初日になってしまったのだが、その店の前に居たのが・・
IMG_3848
この子だった。たった一人で店の前にじっと佇んでいたのだ。
商店には観光客も集まっただろうし、ここでご飯をもらっていた事も多かったはず。
たぶんこの子はいつもの様に、この場所へと足を運んできたのだろう。
IMG_3844
でもこの日からはシャッターが降ろされ、前日までとは少し雰囲気が違っていたはずだ・・
この子はお店がもう開かないのだと言う事を、ちゃんと理解できているのかな?
翌日からも同じようにここへと来るかもしれないが、もうお店のシャッターが開く事はない・・

どんな気持ちで何を感じているのだろうと思いながら、背中越しに撮った商店の写真。
これは私の中で、この先もきっと忘れられない一枚となっていくのだろう・・
IMG_3850
楽しかったり癒されたり、そしてちょっと切なくなったりもした初めての田代島訪問。
猫と接していると本当に時間を忘れてしまい、リラックスできている自分がいる。
やはり私にとってニャンコと過ごす時は、とても大切だと思える時間だ。

ガイド役となって案内してくれた彼から、お土産にねこカップをいただいた。
ネコ好きの中では人気のあるお菓子で、カップにぶら下がる姿が何とも可愛い!
同士として萌えるポイントは、やはり似ているようである(笑)
IMG_4016
以前から島旅には興味があったものの、自分の中ではいまいちテーマを持てなかった・・
しかし今回の田代島への訪問で、島の猫達に会いに行く旅っていうのは本当に楽しく感じた!
調べてみると日本の各地には、まだまだ猫の島と呼ばれる場所がたくさんあるようだ。
IMG_3982
約一年前・・、自分の旅を始めた当初はいくら考えても答えが出なかったので・・
それならばと興味のある事を思い付くままに、片っ端からやってきた暇つぶしの旅。
ここにきてようやく、ずっと続けていきたい旅の方向性が固まったような気がする!

田代島関連の書籍




ひま猫ドライブYouTube動画はこちら
ひま猫ドライブのTwitterはこちら
車・ドライブスポット専用Instagramはこちら