ねこ島の元祖・田代島から戻ってきた私は、やはりネコが大好きなのだと改めて感じた。
今までの一年間で、好きな事や興味のある旅を思い付くままにやってきた訳だが・・
その中でも一番楽しくて充実していた時間は、ニャンコ達と戯れていた時だったように思う。

そしてようやく自分の中で旅と猫が結び付いた時、ある一匹のニャンコが頭に浮かんだ。
仕事の合間の日課として気晴らしにウォーキングをしていたのだが、その時必ず出会うのが・・
IMG_4353
野良猫のナインくん!彼は私が歩いていると、どこに居ても必ず出てきてくれるのだ。
どんな時でも姿を見つけて寄って来てくれるので、彼との時間が楽しみになっていた。
疲れたり煮詰まったりしてた時、彼にはどれだけ癒されたことか・・
IMG_4357
ただずっと不思議に思っていた事があった。なぜ彼は毎回必ず会いに来るのか?
別にエサをおねだりする訳でもないし、かまってちゃんでもない。
いつも傍に寄って来てくれて、ずっと静かに佇んでくれているだけだ。

そんな彼の姿を見ているうちに、私はこう思うようになったのだ。
きっとナインは私に、何かを伝えようとしているのではないか?
ナインの心の声を知りたかった私は、彼の聞こえない心の声に集中してみた・・
2017-07-18_080325
M:『ナイン!俺なー、興味ある事を片っ端からやってみる旅を今までしてきてんけど・・。』
ナ:『ああ、知ってるニャ!ずっと見てたからニャ。それで、やりたい事は見つかったのかニャ?』
M:『うん、何となく見えてきたかも?ナインともそうやけど、やっぱり俺はこういう時間が好きやねん』
ナ:『やっと気付いたニャー!ずっと伝えてたのに、なかなか気付いてくれなかったニャ・・』
M:『ゴメン・・。ニャンコは子供の頃からずっと好きやったのになぁ。気付くの遅いよな・・』
ナ:『ホントだニャー。くだらない事もしながらずっと探してたもんニャ(笑)でもオレは、ずっと傍に居たニャ』
IMG_4413
M:『そうやねん、近過ぎて全然見てなかった・・。ありがとな。』
ナ:『MISAKIが好きな事がわかったら、あとはそれを目指して旅立つだけニャ!』
M:『うん!全国にはナインの仲間もたくさんいるしな。そいつらの生きざま、この目で見てくるわ!』
ナ:『オレもそれを望んでたニャー。だからMISAKIには行って欲しいニャ。』
M:『あとは見てきた事をどうやって伝えるか?って事なんやけど・・』
ナ:『それは大丈夫ニャ!テーマが変わっても、やる事は今までのMISAKIのままでいいんだニャ。』
IMG_4393
M:『そうなんかなぁ?』
ナ:『ネコ好きな人も多いし、ネコに会いに出掛けてる人もいっぱい居るニャ。でもMISAKIにしか見えない視点で、自分のニャンコ旅をすればいいんだニャ。それだけでいいんだニャ!』
M:『それなら自信あるで!何せ人と違うことするのが大好きやしな(笑)』
ナ:『それでいいニャ!例えば音楽をやりたい人だってたくさん居るニャ。でもみんな同じ様に歌ったり、演奏する必要なんて全然無いんだニャー。MISAKIにはMISAKIにしかできない猫旅が、きっとあるはずだニャ!』
IMG_4399
M:『ありがと、何かだんだん楽しくなってきた!やっぱり好きなコトするのが一番やもんな』
ナ:『そうなんだニャー。オレ達ノラの世界もキビしいけどニャ、そこにしかない自由だってあるんだニャー』
M:『ナインはいつも体中ケガだらけで戦ってたもんな・・。見てて痛々しかったわ・・』
ナ:『でもこれがオレの生き方なんだニャ!野良が必ずしも可哀想だなんて思わなくてもいいんだニャ。それは人間達の勝手なエゴで、何が幸せなのかは自分自身が決める事なんだニャ!』
M:『それはナイン見てて思ったよ・・。オマエにはいっつも、たくさんの事を教えてもらってん。』
ナ:『それなら良かったニャ。まぁでも今は一線を退いて、こうやってのんびりしてるけどニャー』
IMG_4438
M:『確かに(笑)出会った頃はもっと勇ましかったのに、最近は表情が柔らかいもんなぁ。』
ナ:『これはこれで幸せなんだニャ。だからMISAKIとたまに会うのも楽しんでるニャー』
M:『俺もナインとの時間は大好きやで!疲れててもオマエの姿見れたら元気出るわ。』
ナ:『そうだニャ。でもMISAKIはやっぱり旅に出て欲しいニャ!日本中を飛び回っていろんなニャンコ見て、その様子を届けて欲しいニャ。だからオレもこうやって、いろんな人に見てもらえるんだからニャ!』
M:『よっしゃ、任せろ!ずっと伝え続けてくれたこと無駄にはせぇへんでー。ナイン大好きだにゃ!!』
ナ:『やめろニャー!こんなデレデレの顔見られたら、野生の風格が台無しだにゃー』
IMG_4471
・・・・・と、本当にナインがこう言っていたのかどうかはわかりませんが(笑)
彼との交流を続ける中で、私にはこういう声が聞こえた。そんな気がしたのだ・・
IMG_4408
傷だらけで戦ってきた彼の姿を見てきて、世間の人間なんかよりずっと立派に生きてるなって・・
私も含めていろんな事に贅沢になっている今の世の中が、とても情けなく感じてしまう。
厳しい野良の世界で生き抜いてきた彼を見てると、とても美しくて尊い存在に見えたのです。

そんな彼がいつも傍に寄って来て、何かを語りかける様にずっと近くで佇んでくれた。
ありのままの自分で必死に生きている彼の目から、大切なものをたくさん教えてもらったのだ。
IMG_4451
人生は思うように進まないし、最初に描いていたコンセプトとも全くちがうけれど・・
それもまた旅であり、生きていくという現実なのだと思う。

そして私は、ニャンコと触れ合う旅に向かって出発する事を決めた。
この先は大好きなネコ達と戯れながらの旅を、全国各地でしていく事にする。
自分の旅に気付かせてくれた大好きなナイン、本当にありがとう!


YouTube動画はこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら