それではネコ散歩の美作市パトロール、後半です!
コムスに乗ってやって来たのは、美作市のお隣の久米郡美咲町。
ここには旧片上鉄道の吉ケ原という廃駅が残っている。
IMG_4927
三角形の屋根を持つ木造の駅舎は、特徴的でとても可愛い。
駅構内も当時の面影が残っていて、レトロ好きの私にとっては心が和む雰囲気だ。
IMG_4957
1931年(昭和6年)に 開業した吉ヶ原駅の歴史は、1991年(平成3年)まで続いた。
 鉄道路線が廃止になった以降は、鉄道代行バスの停留所として再利用されたのだ。
そして2006年(平成18年)にこの駅舎は、登録有形文化財に登録されている。
IMG_4950
そんな吉ヶ原駅だが、実は駅長猫発祥の地だったというのだ!
有名になった和歌山のたま駅長より、こっちの方が先だったのか・・
IMG_4958
駅舎には猫駅長の写真が飾ってあるが、この子は二代目となる“ホトフさん”
ちなみに初代の駅長は“コトラ”さんというらしい。
このホトフさん、本当は倉敷にある下津井駅の駅長猫になる予定だったけど。
コトラさんが退任したので、後釜を任されてここへやって来たという経緯だ。
IMG_4952
駅構内には12両の車両が展示されているが、動態保存が10両もあるのがスゴイ!
毎月第1日曜日に片上鉄道保存会によって、約300mの区間で展示運転も行っている。
駅長猫のお仕事もこの日に合わせての勤務なので、平日のこの日は会う事ができなかった・・
IMG_4945
駅長猫に直接会えなかったのは残念だが、周辺には美しい景色が広がっていたので。
再びコムスに乗り込んで、駅の周りをパトロールしながら楽しんで来た。
IMG_4936
そのあと帰路に着く為に走っていたら、黒猫マークのこんな会社を発見。
キャットアイって自転車のリフレクターの会社だったのかー
国内シェア70%ってスゴイな・・。確かに光る猫の目ってイメージがピッタリ!
IMG_4976
コムスはとにかくちっこいので、こんなに狭い道でも余裕で入って行ける。
まさに猫散歩をするにはピッタリの一台だ!
この田園風景に自然なくらい溶け込んでいたので、撮影会も楽しくて仕方がなかった。
あまりにも可愛過ぎて、また耳をつけちまったよ・・(笑)
IMG_4971
今回利用した「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」だが。
のどかな棚田の風景が広がる美作市を、手軽にお散歩ドライブできるのが魅力!
毎週第4土・日曜日には、地元住民アテンドによる「コムスガイドツアー」も実施中だ。
予約は必要だが地元住民ならではの、とっておきの場所に案内してくれるらしい。
IMG_4978
私が利用した時は、このプロジェクトが始まってすぐだったので。
車もまだとても綺麗で、走っている時もいろんな人に見られてしまったけど・・
美しい美作の豊かな自然の中を、風を切って走るのはとても爽快だった!
 
そしてコムスは既に市販もされているので、行動範囲に制限がないのも嬉しい。
バッテリーの残量で行ける範囲は、どこでも行けるというのもメリット!
日産ニューモビリティの様に、走行する範囲が決められていない分自由度も高い。
IMG_5096
現地の方にも『ぜひ拡散してやって下さい!』と言われたので。
とことん楽しんで来たドライブの様子を、思いっきり宣伝させてもらいます!
って事で、いつもの様に動画にまとめたのでどうぞ↓

いやいや!こうして振り返っても、本当に楽しかったー
写真や動画で見ても、美作の素晴らしい自然がよみがえってくるなぁ・・
まぁ小型モビリティでの冒険を心から楽しんでいる私だからこそ、撮れる画なんですけどね!
と自画自賛したいので、そういう事にしておいて下さい(笑)
IMG_4884
2時間のレンタルという事で、残念ながら本物の猫ちゃんには遭遇できなかったけど・・
小型モビリティを使うという選択肢、この先のニャンコ旅で活躍してくれる事になりそうだ!


ひま猫ドライブYouTube動画はこちら
ひま猫ドライブのTwitterはこちら
車・ドライブスポット専用Instagramはこちら