招き猫美術館に続いて、岡山県にはもう一つ猫に関する美術館があった。
有名な観光地となっている後楽園のすぐ傍にある、夢二郷土美術館だ。
元々は瀬戸内市出身の画家・詩人でもある、竹久夢二の作品を集めた施設なのだが・・IMG_5568
どうやら彼の作品に登場する黒猫にそっくりな子が、去年から住み付いているらしいのだ!
今ではこの美術館のお庭番として任命された黒の助くん。
そんな黒の助に会いたい来館者も増え、また違う形で竹久夢二が知られるようになった。
IMG_5570
ただこの黒の助くんも気まぐれ出勤なので、いつもお庭番をしているとは限らない。
私が行った日もお休みだったので会う事はできなかったが、猫旅としては仕方のないこと・・
写真は公式のものだが、作品中のネコと同じ目の色で赤いリボンまで付けてもらっている。
この場所のマスコットとしてはピッタリで、夢二の生まれ変わりなのでは?とも言われている。
MG_6961_s
館内には「夢二式美人」と呼ばれた、数多くの美人画が展示されていた。
展示物は撮影禁止だが館内の一部は撮る事ができたので、その様子はコチラです↓

ここに住み付いた黒の助くん、今では人気のマスコットとなった!
それがきっかけで夢二の作品に触れる機会ができると、関係者も喜んでいるようだ。

ちなみに猫とは関係ないけど、美術館の隣には焼肉だるまという店がある。
IMG_5586
路線バスのアナウンスでも宣伝してたので、美術館のあとに寄ってみたのだが。
ここのランチがなかなかの内容で、味も美味しかった!
和牛3品と野菜・小鉢・スープまで付いて1000円ちょっとは、かなりお得感を味わえる。
ニャンコ旅のおかげで、大好きなお肉の隠れた名店にも立ち寄る事ができてラッキーだ。
IMG_5593
帰りのSAでたまたま買ったチーズブッセにも、黒猫ちゃんのシールが貼ってあった。
しかも赤いリボンまで付いていて、何ともタイムリーな!
ニャンコ旅のスタートとなった岡山県は、かなりの猫大国だという事も知れて楽しかった。
ネコに関するスポットはまだまだありそうなので、また近いうちに帰って来たいと思う。
IMG_5598

ひま猫ドライブYouTube動画はこちら
ひま猫ドライブのTwitterはこちら
車・ドライブスポット専用Instagramはこちら