ひま猫ドライブ

ネコとドライブが大好き過ぎて、ニャンコ旅を始めました☆詳細はブログと動画で更新中!

ひま猫ドライブ イメージ画像

くるま旅

ミニマリストを意識してから、身の回りの物をどんどんと処分してきた。そしてついにここにも手を付けないといけないなーという段階までやってきた。それはマイカーだ!ちっこくて可愛い車が好きなので、所有するのは軽でも十分なのだが・・・ここ最近は全く乗ってなかったし
『N-ONE マイカーと最後の車旅ドライブ①伊勢神宮へ』の画像

マイカーとの別れを決断し、最後の思い出作りの為に出発した今回の車旅。伊勢神宮を出発した後は、熊野灘の海岸沿いを和歌山方面へと向かって南下していった。道中の熊野市に入ってしばらくすると、鬼ヶ城という看板が目に飛び込んで来た。鬼が島ではなく鬼ヶ城?!何となく
『N-ONE マイカーと最後の車旅ドライブ②世界遺産の鬼ヶ城へ』の画像

世界遺産の鬼ヶ城に寄り道した後は、再び和歌山方面へと向かって走り出した。すると今度は、みかんパークという道の駅っぽい施設が見えてきた。鬼ヶ城センターからすっかりみかんモードになっていた私は、またまたここで車を停めてしまう・・・中に入るとオレンジ一色で、と
『N-ONE マイカーと最後の車旅ドライブ③お別れの時・・・』の画像

“アレッ?ここどこや?!確かお台場のヴィーナスフォートに居たはずなんやけど??”気が付けば私は、ノスタルジックな街並みの中に立っていた・・・周りを見渡せばたくさんの車達が、自分の周りを取り囲んでいる。すると近くから、私に向かって語りかける声が聞こえてきた
『ヒストリーガレージ 車達が発するメッセージを聞いてみたい・・・』の画像

トヨタのテーマパーク“メガウェブ”には、ヒストリックガレージの他にも車を楽しめる施設がある。次にやって来たのはショウケースのゾーンで、多くの展示車や試乗まで出来るようになっている。1階のラインナップゾーンには100台近くの展示車もあり、実際に乗り込んでの
『メガウェブ トヨタのテーマパークで未来の主役達と遊んで来た』の画像

私には子供の頃からずっと憧れていた、一つの夢があった。それは“キャンピングカーで旅をすること”だ!決まった家を持たずに、モーターホーム等で寝泊まりする。好きな時に好きな場所へと自由に移動しながら、旅自体が生活となる様な暮らし・・そんな生き方を本気で夢見て
『軽キャン ミニチュアクルーズ お遍路さんも車で行う時代!』の画像

静岡県の三島市で一泊した翌日、この日も朝からとても気持ちのいい青空が広がっていた。私は自分でも感心するほどの晴れ男なので、天気に悩まされる時など殆どない。この点は旅人として、とても有り難い星の元に生まれてきた事に感謝している。♪ あ~たま~を~ 雲の~上
『メルセデスベンツ SLK200で伊豆半島をオープンドライブ!』の画像

静岡旅の相棒となったベンツSLK200と共に、熱海方面から南下しながらドライブした。そして伊東市までやって来たのだが、ここにはどうしても行ってみたいスポットがあった。旅に出発する前の下調べで面白そうな場所を探していた時に、その姿に惹かれたのだ。写真を見て一瞬で
『大室山の絶景を初体験!急斜面リフトの恐怖を乗り越えて・・』の画像

大室山の絶景を満喫した後は再びベンツに乗り込み、東伊豆へと向かって走り出す。しばらく走ると、ブリティッシュグリーンマイカの可愛いコペンの後ろについた。LEDを放射状に配したリヤコンビランプが、万華鏡のように美しく煌めいている。昨年の秋に岡山でコペン旅をした時
『静岡県は怪しい珍スポットやB級スポットの宝庫だった!』の画像

ベンツSLKに乗り始めてから数時間が経ち、フィーリングもかなり良くなってきた。動きやクセにも十分に慣れて、ドライブするのがどんどんと楽しくなっていく!いつしか陽も落ちて暗くなり始めた東伊豆の海岸線を、南に向かって順調に進んで行った。途中で少し広めの駐車スペー
『オープンカーでカップラーメン!2シーターのベンツで車中泊!』の画像

2シーターという狭い空間に丸まって、結局は朝まで車中泊をしてしまった・・・しかしベンツのシートがかなり快適で、思ったよりも普通に眠る事ができた。鳥の声で目が覚めると、もう車の外は少し明るくなり始めている。携帯の時計を見ると、どうやら6時間くらいは普通に眠
『馬ロックを拝む為に現代の馬を駆って黄金崎公園を目指せ!』の画像

黄金崎公園の馬ロックを拝んだ後は、そこからすぐ近くにある恋人岬へとやってきた。夕陽の美しい西伊豆の高台にある、恋人達の聖地と呼ばれている場所である。全国各地のどこにでもある、カップルで南京錠をロックして永遠の愛を誓うっていうアレだ・・・一人旅で恋人の聖地
『恋人岬へ一人旅するもネコ店長のらぶにゃんに会えず・・・』の画像

恋人岬のらぶにゃんに会えず一人傷心のまま海を眺めて、次にやってきたのはココ。観光坑道や砂金採り体験を楽しめる、観光施設としても人気のスポット土肥金山だ。かつては佐渡金山に次ぐ生産量を誇った、伊豆最大の金山である。黄金館にはギネスにも認定された、世界一250kg
『土肥金山でお土産選び “本音”でお金が好きと言えるか?』の画像

土肥金山でお土産も購入し、今回の静岡旅もだんだんと残り少なくなってきた。これまでの旅に比べるとお土産もちょっと少なめだが、帰りの事を考えるとあまり増やせない・・・マイカーの時は量的な事は何も考えず、積めるだけ積み込んで帰ったがそうもいかない。相棒のベンツ
『おもしろレンタカー三島店 車や旅への思いを掲載してもらった』の画像

大阪港の周辺をポタポタしたあと、最後にやってきたのはココ!築港の赤レンガ倉庫を再利用して作られた、クラシックカーの博物館。GLION MUSEUM(ジーライオン・ミュージアム)往時のロンドンやニューヨークの裏路地を、忠実に再現した街並み・・・そこに置かれた貴重なクラ
『ジーライオンミュージアムは車好きの穴場スポット!』の画像

岩手県には2,000mを超える、県内最大の岩手山という大きな山がある。盛岡に住んでいる知人も、街のどこからでも見えると言っていた。登山はさすがにしなかったが、弘前市から盛岡に向かっている道中で見る事ができた。想像していた通り大きな山で、二つの外輪山がある特徴的
『松尾鉱山の廃墟群にスイカ柄のガスタンク 岩手ドライブ最高!』の画像

松尾鉱山の廃墟群にスイカのガスタンクなど、岩手ドライブもかなり面白いのだが。最後にもう一つ、かなりテンションの上がるマイナースポットにも立ち寄って来た。それがこのオートスナックラベンダーだ↓東北新幹線の高架に隠れるようにしてひっそりと佇む、寂れまくったド
『オートスナック ラベンダー 景品の取り出し口は壇蜜の〇〇〇』の画像

↑このページのトップヘ